ストレスなんて自然と比べたらちっぽけなもの

公開日: 

毎日の生活の中でなぜか突然、海を見たくなることがあります。

同じように、山や川に行きたくなることがあります。

これは決まって、ストレスがたまってきているサインのようです。

そんな時は休みの日にドライブで出かけます。

海と空を見るだけでその広さに圧倒され、自分の悩みがとてもちっぽけなものに感じてくるので、悩んでいるのもばかばかしくなってきます。

漁港で釣りをしながら、いつのまにかリフレッシュしてしまう。

また、砂浜に座って波の音を聴いていると、嫌なことをすべて流してくれるような気分になります。

また、風を肌で感じることで明日もがんばろうという気持ちになります。

川にいくのも同じです。

また、山に行くと、市街地の騒音がなくなる代わりに、いろいろな音が聞こえ始めます。

虫の声、風でゆれる木々の音、どこか近くにありそうな沢の流れの音、森に包まれながら、生命のすばらしさみたいなものを感じることができるので、またまた自分の悩みがちっぽけに思えてきます。

そして、植物や動物の生物たちの生命のパワーを分けてもらって元気になります。

海も山も川も、とにかく自然は大きくて偉大なので、自分の悩みが小さく感じてしまう。

そして、明日からまた頑張る力をもらえる、そこがすばらしいです。

もし、すぐに海に行けない、山に行けなくても、近所の公園の空を見上げるとか、近所を散歩して季節の花を見つけるとか、身近な小さな自然でも、少しのストレス解消を手伝ってくれると思います。

わたしのストレス発散方法

わたしのストレス発散方法の1つ目は、同僚と飲みに行くことです。

毎月定例で第3土曜日になじみの店に集まりお酒を飲んでいます。

店主が知り合いということもあり気ままに飲むことができます。

そこで、普段の生活、仕事での愚痴を言いきり、すっきりした状態で帰宅しています。

その他にも毎週水曜日に勤務先のスポーツサークルに参加し、汗をかいています。

毎週週代わりで様々なスポーツを勤務終了後、2時間ほど行っています。

そこには、自分の職場だけでなく、色んな職場の方や、女性も多く参加していますので、交流の場にもなり、スポーツと同じくらいに人と話すということがストレスの発散になっています。

冬になりますと、スノーボードがなによりものストレス発散方法となります。

疾走感がたまらないです。

大抵、山に滑りにいくことから、眺めを楽しむこともできますし、バックカントリーを滑ることで森林浴をしているような気持にもなり、リラックスします。

特に、そのあとに入る、温泉といったらなににも変えることができないくらい、気持ちいいものです。

普段は、一人で滑りに行くことが多いですが、友人と行き、昼食にお酒を飲みながら滑るというのも素晴らしいストレス発散方法になります。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑